治療すれば改善できる更年期障害の症状【負担なしの生活にできる】

診断

稀に起きるがんの一種

ハートを調べる人

胸腺腫瘍は非常に稀ながんで胸腺腫と胸腺がんとに分けられます。これは重症筋無力症などの持病を持つ人の発症率が高くなっています。診断する際は胸部X線検査やCTスキャンなどの方法が用いられることが多いです。治療は外科手術や放射線、化学療法などがあります。

View Detail

ホルモン補充療法の特徴

婦人

更年期外来で治せる病気

ホルモン補充療法(HRT)は、定番的な更年期障害の治療法です。血液検査をして女性ホルモンの値が少ないと診断された場合に適用されます。具体的には女性ホルモン「エストロゲン」「プロゲステロン」の二つを、飲み薬または塗り薬などで摂取します。エストロゲンは卵胞ホルモン、プロゲステロンは黄体ホルモンです。この二つは更年期になると急激に少なくなります。更年期外来でホルモン補充療法を受ければ、ホルモンが復活します。そして更年期障害でよくある症状が軽減され、改善されます。また、ホルモン補充療法は骨粗鬆症の予防、動脈硬化の予防、認知症の予防などにも効果があります。さらにシワ・たるみ・シミを出来にくくするアンチエイジング効果もあります。

治療にかかる医療費

更年期外来でホルモン補充療法を受けると保険給付の対象となります。3割負担なので、高額なサプリを購入するよりも少ない予算で更年期障害を治せます。ただ、治療に使用する薬の種類によって必要な医療費は異なります。貼り薬は一番安くて900円くらいです。高い飲み薬でも2000円ほどです。その他のに初診の場合は初診料、再診の場合は再診料がかかります。これは病院で更年期障害と診断され、ホルモン補充療法をした場合の一般的な医療費です。どこの病院に行っても体の状態を調べるため、最初に乳がん検診や子宮頚がん検診を受けることを勧められます。そのがん検診にかかる費用は自己負担です。自治体によっては無料で受けられる場合もあります。

遺伝子による新しい診断法

ドクター

DNAを使った診断方法に利用されるのがIn situ hybridizationです。異常な遺伝子を特定することで病気のタイプまで診断できることが可能です。将来的にはがんを治療することにも役立つとされているのです。それにより、がんを克服させることができます。

View Detail

初期の場合

和食

初期の糖尿病は、食事療法や運動療法で改善することができます。しか、これらを行って血糖値を正常に維持できるようになってもやめてはいけません。やめると再び症状が進行してしまうので注意しましょう。続けることが大事です。

View Detail